2018年6月17日 (日)

あれも庭これも庭

Photo


左に野ばら(花は終わっている)アーチにつるバラ、これぞアーチの効果

アーチの奥には薪小屋の薪が見え

手前に庭道具と資材が積んであり

路が左右に曲がり薪小屋の奥に消えて

奥には何があるのか行ってみたい気にさせる。

造り込んだ庭もこの手法を使い奥の景色を引き立て想像させる、これも庭あれも庭の所以です。

庭仕事には道具も資材も必要です、庭に必要なものは景色の邪魔をしない・・・・・

2018年6月16日 (土)

香川県にて土塀講習会

5月23・24日に土塀講習会に行ってきました。

22日に地元組合員に土塀の骨組みまで制作していただき

23日に木舞の代用でメッシュを取り付け、並行して壁土を藁すさを混ぜて練る作業を

大勢で楽しそうに進めていただき、午後から下塗り作業をこれまた楽しそうに練って

1日目の作業を終えました。

2日目は仕上げ塗後に壁に景色を造るため梅の飾り結び・モミジの葉・小石を塗り込み

洗い出して完成です。

2日間講習生の皆さん楽しそうに作業していただき良い土塀が出来ました。

地元役員の皆様ありがとうございました。Photo


Photo_2
丸亀城

 

                   下塗り作業

 完成です今後植栽をして良い庭になるで   しょう

Photo_11


Photo_12

    土塀を生かした庭






















2018年5月31日 (木)

気になる庭

029


左は白い野ばら先日まで咲いていたそうで、今アーチには赤いバラ・・・・・

奥に続く路の先にはストーブ用の薪が積んであり手前には庭作業に使う資材

道具が見える、何とも気になる庭の景色です。

庭の容には色々あり、これも一つの景色です。何も計算のない風景の中に生活が見えて

アーチがすべてを引き立て、景色にしているのです。

ホッとする計算のない良い庭です。

2018年2月23日 (金)

江の島の富士山

Photo
新年になって忙しい時間を過ごし、やっと余裕が出来て久しぶりに記事を書きます。

空気のきれいな冬でも江の島の海に富士山がよく見えるのは珍しい事で、この日はサーフボードと犬の向こうにきれいな富士山が見えました。

1月4日、何か良いことがありそうな年です。

2017年10月22日 (日)

鹿児島へ行きました。

日本造園組合連合会の要請で花を生かした雑木の庭の講習会で初めて鹿児島に行きました。

天気も良く2日間の講習会は無事終了し講習生の皆さんが積極的に作業を進めてくれて大変良い講習会が出来たと思います。

準備をしてくれた鹿児島県支部の皆様に感謝します。

Photo


Photo_2

2017年9月 9日 (土)

全国緑化フェア八王子の庭完成です

今回が私の最後のコンクール作品と思い悔いのない作品が出来ました。

以前は賞に入ることを意識し作庭しましたが、今回は今私が持っている技術と知識とをそのまま出して悔いのない作品になりました。Photo


Photo_2

2017年8月10日 (木)

毎日暑いが仕事は楽しい

昨日9日は東京でも37度、午後はまさに地獄30分ごとに休憩を取り何とか1日が終わった。

暑い中でも仕事は楽しい、体を動かすだけでなく頭も使う、手足を動かすだけでは仕事にならない、良い景色造るのは健康な体と頭が必要なのだ、その結果が下の写真で樹木・低木・雑草が生い茂りとても庭には見えないが、頭を使い仕事をすると里山の景色の庭になる。

例え雑草でも景色にとって必要なものとそうでない物があり必要なものを残すことで景色が現れる、それも気持ちの良い景色が、この庭は屋上庭園で決して植物にとって条件は悪いが良くしたいという拘りが最後は良い庭になる・・・・

Photo
明日からお盆休み・・・今ほっとしています。

2017年6月 7日 (水)

刈込は楽しい

この時期はツツジ・サツキの刈込で大忙し、刈込物はただ刈るのと景観を考えながら刈るのとでは大違い、前者はただ伸びた分を小さくしただけそれに対して後者は刈り込むことで以前より良い景色になる、エンジントリマーは私の年齢には重すぎるが楽しい・・・・

写真はホテルの庭で20年くらい管理をしているが少しずつ大きくなる植物をより良い景色にするためにはいろいろな事を考えながら作業をする、だから作業が終わって良い景色が生まれる・・・・そして楽しい67

2017年6月 1日 (木)

嬉しい電話

毎年お庭の花が見頃になると「お庭が綺麗だから見に来て」と電話を頂くお客様が何軒かいらっしゃいます。

嬉しいですね・・・基本の管理は私がしていますが、お客様は私のアドバイスで花を植え管理をした結果素晴らしいお庭になるのです。

庭はお客様との二人三脚で良いお庭になって行くのです。

Photo_2


決して造り込み過ぎずにお客様の活躍の場を残しておいてあげましょう。

写真はバラのトンネル

仕事のこだわり

福島県の造園会社さんにお招きを受けて職員の剪定講習会に行ってきました。

その会社のホームページに会長の言葉が載っており、仕事は良くて当たり前最後は感動させるのがお客様へのおもてなし・・・とありました。

この私の口癖も全く同じでお客様が喜ぶ・感激するのは、良い仕事をしてもらってその結果の言葉で、感動は良い仕事はもちろんのことで、その上に職人の挨拶・立ち振る舞い・知識・会話・行儀すべて揃うと感動していただけると思っています。

職人は技術と心が伴った時に本当の技術者になると思う。

Photo


先は遠いが一生一度の人生この道に懸けたのだから・・・・・

写真は緑水園のクリン草で見頃は少し過ぎていたが気持ちの良い空間でした。

その他のカテゴリー